Android 8搭載 MediaPad T5/M5 AGS2-W09/SHT-AL09の比較、買い方を徹底レビュー

ホーム / Tablet

更新:19/05/05 | MediaPad T5/M5の徹底レビュー | HUAWEI Tablet Review

タブレット端末戦国時代の到来

タブレットの開拓史を顧みると、Apple(スティーブ・ジョブス)やiPhoneのリリースまで遡ることが出来ます。当初はiPadとして生まれたタブレット型デバイスは、園と様々な進化を遂げながら分化し遂には様々な規格や端末が入り乱れてのタブレット端末戦国時代へと突入することになります。

ここで、タブレットの種類をおさらいしておきます

  iPad(アイパッド) Windows タブレット Android タブレット Kindle
メーカー Apple 各社 各社 Amazon
OS iOS
(iPhoneと同じ)
Windows10
(古くはWindows CEなど)

Android
(スマフォと同じ)

独自
(Android互換)
価格感 高い 高め 安い 安い
自由度 普通
(MacやiPhoneとは連携自由度が高い)
高い 高め 低い
(アプリが少ない)
用途 ブラウザ、メディア再生、文章入力を伴わない簡単な作業 Windows互換を活かした本格的な作業 ブラウザ、メディア再生、文章入力を伴う作業 Kindle本、Amazon Video活用、ブラウザ、メディア再生
メリット
  • 持ってMacやiPhoneとシームレスな連携、ファイル共有、転送が可能。いて楽しくなるデザインと機能性。
  • Apple Pencilで高度なお絵かきが可能。
  • Windows互換を活かしたOfficeアプリなどの使用。
  • パソコンで利用しているソフトを完全に利用可能。お気に入りのエディタなどをそのまま使える。
  • 動作が軽く、Android携帯と同じ感覚で利用できるので、既にAndroid携帯を持っている人にはお勧め。
  • iPadほどの制限がない。
  • 安い。
  • 各種Amazonサービスの利用と相性が良い。
デメリット
  • ハードウェア日本語キーボードが使えない。
  • マウスが使えない。

  • Windows、Office費用などが含まれるので高い。
  • Windowsを選ぶのであればノートPCで良い。WindowsはTabletとしての操作感がいまいち。
  • iPadほど使いやすくもなく、Windowsほど高機能でも無い。どっちつかずな位置づけ。
  • 互換性が乏しく、使えるアプリが少ない。

 

Androidタブレットがおすすめな理由

これだけ多くのタブレットが存在していると、何を買って良いのか迷ってしまいます。所謂「タブレットの快適な使用感」を求めるのであればiPadかAndroidタブレットがお勧めです。

もしも、Windowsタブレットに興味があるのであればWindows ノートPCとの比較をお勧めします。余程の小型、軽量化が必要で無い限りにおいてはノートPCの方がマッチする場合が多いはずです。

Androidタブレットのお勧めポイントをされに掘り下げてみます。

  1. Android携帯とアプリを共有出来る(二度買いしなくて良い)
  2. タブレットの快適な使用感をiPadよりも安価に手に入れられる。
  3. 価格が安い。
  4. 選択肢が多いので、自分に合った端末を選べる。
  5. 機能性や自由度が高い。

HUAWEIのAndroidタブレットがおすすめな理由

とにかくコストパフォーマンスが良い」というポイントにつきます。タブレットの主なリリースメーカーは以下の通りですが、中でも群を抜いて安価に良いスペックの端末を手に入れられるのです。しかもHUAWEIはデザイン性にも優れていて所有することの満足感についても他者に引けを取りません。

機能やサイズについても非常に最適化されていてかゆいところに手が届く仕様となっています。つまり、Androidタブレットを買うのであればHUAWEIにしておけば間違いない。余程お金に余裕があるのであればマイクロソフトにしても良いかもしれない。という印象です。

  1. Apple
  2. HUAWEI
  3. NEC
  4. マイクロソフト
  5. Lenovo
  6. ASUS

型番比較

HUAWEIのタブレットにも幾つか種類がありますので、自分に合った使用を見つけることが重要です。

  MediaPad T5 Wi-Fiモデル
AGS2-W09
MediaPad M5 LTEモデル
SHT-AL09 SIMフリー
概要 デュアルスピーカーと独自の音響技術「Histen」により、臨場感あふれるサウンド体験ができる。高速で直感的な操作が可能なAndroid 8.0を採用。オクタコアプロセッサーを搭載し、microSDカードを使用するとメモリーを最大256GBまで拡張可能。利用時間を管理できるキッズモードを搭載している。 ハイレゾオーディオ再生に対応し、高音域から低音域まで忠実に再現。デュアルスピーカーと独立したパワーアンプを搭載している。 約1.9時間でフル充電が可能。スマート節電機能により、1080pの動画を11時間再生できる。
価格 2万円程度 3万円~4万円
LTEもWi-Fiモデルも値段が変わらない
OS Android™ 8.0 Oreo™ Android™ 8.0 Oreo™
ディスプレイサイズ 約10.1インチ, WUXGA(1920x1200), IPS 約8.4インチ, WQXGA (2560 x 1600), IPS
CPU 4 x 2.36GHz + 4 x 1.7GHz 4 x Cortex-A73@2.4 GHz + 4 x Cortex-A53@1.8 GHz
通信方式 Wi-Fi LTE
センサー 加速度センサー 指紋認証 / 加速度 / 照度 / 電子コンパス / ホール / ジャイロ
カメラ

メインカメラ: 500万画素 (AF)

インカメラ: 200万画素(FF)

メインカメラ: 1300万画素(位相差AF)

インカメラ: 800万画素 (FF)

バッテリー 容量: 5100 mAh

容量 5100 mAh

急速充電(9V,2A)対応

T5もM5もWi-FiモデルとSIMフリーモデルがありますので、用途に合わせて選択出来ます。相違点が幾つかあって、外に持ち出すのであればサイズの小さいM5 SIMフリーモデルが最適で、カメラの解像度も高いので外出先での写真撮影などにも有利と言えます。

対してT5はサイズが大きく安価であるため屋内で子どもに動画を見せたりするのに丁度良いと考えられます。その場合、Wi-Fiモデルが最適と思われますがペアレンタルコントロール機能もついているので更に安心感があります。

どちらのモデルもOSがAndroid 8とやや古めですが、OSバージョンによって出来ることはほとんど変わらないので、寧ろ古い方が枯れていて良いと考えても良いかもしれません。

このページのキーワードをベースにしたGoogle検索結果
更なる中古、ユーズド系の価格調査はこちら
「メルカリ」は主に中古品を倍々するためのサービスで、スマホから簡単に出品や落札が可能なのが特徴です。まだ登録が済んでいない方は簡単に登録が可能です。バナーをクリックすると「」で検索した結果ページとトップを表示します。
「オークファン」はYahoo!Auctionなどの過去の落札実績を検索できる便利なサービスです。有料会員になると10年分の検索が可能になるなど、適正な中古品価格を確認するのに非常に便利です。
上記左側のバナーアイコンが表示されない場合は、アドブロッカー(広告ブロッカー)がOnになっていないかご確認ください。

関連Youtube動画

」で検索した結果を自動表示しています。あまり関係ない動画も含まれるかもしれません。

関連Youtube動画1 関連Youtube動画2
関連Youtube動画3 関連Youtube動画4
関連Youtube動画5 関連Youtube動画6

モノレビュー・モノサイトの総合メニュー

カメラの買い方カメラ
写真フォト・現像







Panasonic digaBlu-rayビデオデッキ


computerコンピューターと周辺機器









compoミニコンポ・セットコンポ






洗濯機・乾燥機洗濯機・乾燥機
 

洗濯機・乾燥機エアコン・クーラー・ヒーター


その他

コメント・フィードバック
©1998 monoReview. このページの全部あるいは一部を無断で利用(コピー)することを禁じます。
特定商取引法に基づく表記