キヤノン、ニコン、ソニー、オリンパス共通フルサイズとAPS-Cの「買いポイント」の違い

ホーム / Camera

更新:19/06/18 | 各社共通フルサイズとAPS-Cの違い | FullSize APS-C Review

フルサイズとAPS-C

フルサイズ、APS-Cというのはデジタル一眼カメラの受像部(センサー部)のサイズを表しています。カメラを選択する際の大きな比較要素ジャンルとしては以下が挙げられるのですが、その中でも大きく迷うところではないでしょうか。

  1. センサーサイズ(フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズなど)
  2. 一眼レフ(リフレクター=鏡あり)か、ミラーレス一眼か
  3. レンズ交換式かどうか(レンズが豊富に選べるかどうか)

では、センサーサイズは何を選べば良いのか、先ずはどのくらいセンサーサイズが違うのか見てみましょう。

右にあるセンサーの比較画像を見て下さい。センサーは光を受ける場所ですので、大きければ大きいほどよりたくさんの光を取り込めるため高精細になります(粒子化に強くなる)。

デメリットとしては、センサーが大きい分だけカメラ本体ボディの大きさが大きくなりがちな傾向があると言うことです。(APS-Cサイズなどと比べて)

センサーサイズだけ見た場合のメリットデメリット

  35mmフルサイズ APS-Cサイズ(0.625倍)
暗いところ 光を多く取り込めるので暗いところに強い 光が少ないため暗いところに弱い
ボケ味 ️より広範囲を写しだし、ボケやすい 狭い範囲を移すためボケづらい
大きさ ボディサイズや重さは大きく、重くなりがち ボディサイズは小さくて済む
レンズの重さ 対応するレンズは大きく、重くなりがち ️レンズも小さくて済む
値段 ボディもレンズも高い レンズもボディも比較すると安い
望遠 望遠レンズは作りづらく、あっても重くて大きい

️1.6倍換算も手伝って400mm(35mm換算で640mm相当)といった望遠レンズが手軽に使える

ポートレート ボケミが出やすく明るいのでポートレートにも最適 ボケ味が少なく、暗いところに弱いためポートレート用途としては苦労することも多くなる

これだけを見るとメリットとデメリットが完全に二極化しています。APS-C機だからといってボケ味が全く出ないわけではなく、単焦点レンズを使えばボケ味も出るし明るく撮れますので、良いとこ取りを求めるのであればAPS-C機がお勧めです。

対して、多少お金を出しても良いから機械に良い感じでできるだけ品質の高い写真を撮ってもらいたいという場合にはフルサイズという選択になります。ただ、フルサイズの一眼レフカメラは本当に大きくて重いので悩ましいところです。

フルサイズミラーレスという救世主

メリデメ表を見ると、一見してAPS-C機の方がお手軽で良さそうに見えるのですが、「価格」だけ頑張れば実はより良い「良いとこ取り」ソリューションがあります。それは昨今、ソニーに端を発してキヤノン、ニコンが追随してきているミラーレス一眼という選択肢です。

つまり、(フルサイズ or APS-C)×(一眼レフ or ミラーレス一眼)という4通りの選択肢に理論上広がってきているという事になります。

  35mmフルサイズ APS-Cサイズ(0.625倍)
一眼レフ 大きい、重い、高い
例:EOS 6D

小型、軽量、ボケ味や明るさの面では不利
例:EOS 9000D

ミラーレス一眼 フルサイズなのに軽くて小さい。しかも用途に応じてAPS-Cレンズの利用も可能!
例:EOS R/RE
超小型で持ち運びにはベスト
例:EOS Kiss M

今まで、大きくて重いから……とか、レンズが高いから……と諦めていたフルサイズカメラも、ミラーレス一眼を選択すればAPS-C並に軽くて小さい機種を選択出来るようになるのです。
しかも、アダプターを利用するなどしてAPS-Cレンズも利用できるため、望遠が欲しいとか中望遠レンズは値段を低く抑えたいといった状況にも対応ができるのです。重さや大きさが気になるという方には、焦点距離の短い単焦点レンズはフルサイズレンズを採用し、日中利用するような望遠レンズはAPS-Cレンズを採用する構成をお勧めします。

フルサイズ機は一般的に機能も充実しています。フォーカス精度、フォーカススピード、カスタマイズ性、連写性能などです。こうした機能もアップしていますので、フルサイズでは歩留まりが上がります。

予算は少し高くなりますが(15万円前後〜25万円程度)、ミラーレスフルサイズという選択肢は非常に魅力的と言えます。

 

※ キーワードによる機械的な検索結果です。意図した商品と異なる商品が表示される場合があります ※



フルサイズ APS-Cサイズ


フルサイズ APS-Cサイズ
※ キーワードによる機械的な検索結果です。意図した商品と異なる商品が表示される場合があります ※

※ キーワードによる機械的な検索結果です。意図した商品と異なる商品が表示される場合があります ※


フルサイズ APS-Cサイズ




フルサイズ APS-Cサイズ
※ キーワードによる機械的な検索結果です。意図した商品と異なる商品が表示される場合があります ※

フルサイズのメリット

フルサイズカメラのメリットを列挙しておきます。

  1. ボケ味が出やすい
  2. 明るく写真が撮れる(粒子化に強い)
  3. 高精細、高画質
  4. 高機能、高カスタマイズ性

デメリット

勿論、デメリットもあります。

  1. 重くて大きいボディ(ミラーレス一眼を選べば解消!)
  2. 重くて大きいレンズ(ミラーレス一眼でAPS-Cレンズを使えば解消!)
  3. 高い(中古やエントリー機を採用するなど工夫すれば少し改善するかもしれません)

 

 

このページのキーワードをベースにしたGoogle検索結果
更なる中古、ユーズド系の価格調査はこちら
「メルカリ」は主に中古品を倍々するためのサービスで、スマホから簡単に出品や落札が可能なのが特徴です。まだ登録が済んでいない方は簡単に登録が可能です。バナーをクリックすると「」で検索した結果ページとトップを表示します。
「オークファン」はYahoo!Auctionなどの過去の落札実績を検索できる便利なサービスです。有料会員になると10年分の検索が可能になるなど、適正な中古品価格を確認するのに非常に便利です。
上記左側のバナーアイコンが表示されない場合は、アドブロッカー(広告ブロッカー)がOnになっていないかご確認ください。

関連Youtube動画

」で検索した結果を自動表示しています。あまり関係ない動画も含まれるかもしれません。

関連Youtube動画1 関連Youtube動画2
関連Youtube動画3 関連Youtube動画4
関連Youtube動画5 関連Youtube動画6

モノレビュー・モノサイトの総合メニュー

カメラの買い方カメラ
写真フォト・現像







Panasonic digaBlu-rayビデオデッキ


computerコンピューターと周辺機器









compoミニコンポ・セットコンポ






洗濯機・乾燥機洗濯機・乾燥機
 

洗濯機・乾燥機エアコン・クーラー・ヒーター


その他

コメント・フィードバック
©1998 monoReview. このページの全部あるいは一部を無断で利用(コピー)することを禁じます。
特定商取引法に基づく表記