写真は進化する。Canon EOS Kiss MとEOS RPの徹底比較レビューと使いこなし、製品比較、買い方情報

ホーム / Camera

更新:19/05/27 | Canon EOS Kiss MとEOS RPの徹底比較 | Canon EOS Kiss M or RP

Canon EOS Kiss MとEOS RPを比較する理由

Canon EOS Kiss Mは、Canonが2018年に満を持して市場投入した「(デジタル)APS-Cミラーレス一眼レフ」です。対してCanon EOS RPはフルサイズのミラーレス一眼となっています。両者の特長は非常に似ているため、価格やサイズ、重量、細部の機能性などによってどちらを選択しようか迷う人も少なくないと思います。EOS Kiss M

つまり、最新のミラーレス一眼であながら両者は酷似しているということです。しかしながら、EOS RPはハイアマチュア向きの機種であったり、フルサイズセンサーを搭載していたりという点で結果的に大分嗜好の異なった仕上がりになっている事も確かです。

Canon EOS Kiss MとEOS RPの比較ポイント

  Canon EOS RP Canon EOS Kiss M
値段 15万円以上でボディのみ 10万円以下でダブルズームレンズ
センサーサイズ 約35.9×24.0mm
35mmフルサイズ
6240×4160(JPEG L/RAW/C-RAW )
※ ぼけ味や仕上がりに差が出ます。
※ 使えるレンズ幅が大幅に増えます(EF, EFS, RF)
約22.3×14.9mm
(APS-Cサイズ)
6000×4000(JPEG L/RAW/C-RAW)
映像エンジン DIGIC 8
※ エンジンは一緒
フォーカス

デュアルピクセルCMOS AF方式/ (顔+追尾優先AF、スポット1点AF、1点AF、領域拡大AF(上下左右)、領域拡大AF(周囲)、ゾーンAF)

ライブビューでも高速正確なピント合わせ

デュアルピクセルCMOS AF(1点AF、顔+追尾優先AF、ゾーンAF)、コントラストAF(4K撮影時)

ライブビューでも高速正確なピント合わせ

シャッター 1/4000~30秒、バルブ(すべての撮影モードを合わせて)
※ シャッタースピードは同じ!
連写速度 ワンショットAF時:最高約5.0コマ/秒
サーボAF時:最高約4.0コマ/秒
※ 少ない方が無駄弾や選別損が少ないとも取れる
ワンショットAF時:最高約10.0コマ/秒
サーボAF時:最高約7.4コマ/秒
※ 多い方が動きの早いものに便利
連続撮影 JPEGラージ/ファイン:Full(Full)
RAW:約50枚(Full)
JPEGラージ/ファイン:約33枚
RAW:約10枚
※ 連写多用する方は注意
撮影可能数 約210枚、約250枚(ライブ) 約235枚、約235枚(ライブ)
※ 電池持ちはほとんど変わらない
ISO感度 ISO100~40000手動設定(1/3、1段ステップ)
※ 暗い写真でも何とか対応出来る能力が上
ISO100~25600手動設定(1/3段ステップ)
測距点 最大4779ポジション
※ 微妙な場所にピントを合わせたい場合に便利
最大143点
視野率 100%
内蔵ストロボ なし あり
※ 内蔵ストロボは意外と便利です
液晶 3.0型 約104万ドット ライブビュー
インターフェイス USB-C
※ 充電も出来ます
Micro USB
Wi-Fi Bluetooth あり
大きさ

約132.5(幅)×85.0(高さ)×70.0(奥行)mm

788,375

約116.3(幅)×88.1(高さ)×58.7(奥行)mm

601,442(RP比約76%

重さ 約485g 約390g(RP比約80%

いかがでしょうか。細かい所で差が出てきました。それぞれのメリットについてみていきましょう。機能性だけではなくて、見た目、色、質感、グリップ感なども是非店頭で確認してみて下さい。

購入条件比較(価格、アウトレット情報)

※ キーワードによる機械的な検索結果です。意図した商品と異なる商品が表示される場合があります ※
  EOS RP EOS Kiss M





  EOS RP EOS Kiss M
※ キーワードによる機械的な検索結果です。意図した商品と異なる商品が表示される場合があります ※

 

EOS RPのメリット

フルサイズなので様々なレンズを使え、かつ画質が向上します。同じAPS-Cレンズを使っても玉ボケが綺麗に撮れるといった光学的なメリットもあります。ISO感度が高く、暗いところでも若干粒子化するものの比較的良い結果を得ることが出来ます。連写速度が比較的遅いのですが、その分適度な撮れ高となり選定が簡便であるというメリットもありますので、この辺りは好みだと思います。
また、ハイアマチュア機という所有満足感や今後RFレンズに主力を移行していくキヤノンのフラッグシップラインに乗った機種である事の安心感もあります。

今後、RFレンズを導入してフルサイズを堪能しつつよりハイクラスのRFマウント機に移行していく可能性がある方は、EOS RPの方が楽しめると思います。勿論、金額があえばという条件付きではありますが……。

EOS Kiss Mのメリット

何より値段が大幅に安いです。ダブルズームレンズキットで10万円を切っていますので、初心者や初めての一眼機でレンズも調達しなくてはならないような方にはうってつけです。更に小さくて軽いです。EOS RPでさえEOS Rよりも小型軽量というのに、そのEOS RPよりも20%以上小型軽量になっていますので、どこへでもひょいと持って行ける期待感があります。
それでいて、ストロボも内蔵していますので逆光時に強制発光させての人物録りなども簡単にできるメリットがあります。

逆に大きなデメリットはセンサーサイズくらいしか見あたりません。「ミラーレスになって全体的に小型軽量化されているので、そこまでの小型軽量化は必要ないのでフルサイズを使いたい」という方以外はEOS Kiss Mで良いかもしれません。

EOS Rまで考えるかどうか

EOS RPとEOS Kiss Mを比べると、EOS Kiss Mで良いかなと思ってしまいますが、どちらの機能にも若干の不満点が残るかもしれません。例えば、サイレントシャッターは連写で使えません。連写スピードはともかくAFサーボ、連写、サイレントシャッターは三位一体で働いてこそ絶大なメリットをもたらす機能群です。

こうした不満点を解消したいとなると、EOS Kiss MでもEOS RPでもなくEOS Rを検討視野に入れなくてはなりません。

 

 

このページのキーワードをベースにしたGoogle検索結果
更なる中古、ユーズド系の価格調査はこちら
「メルカリ」は主に中古品を倍々するためのサービスで、スマホから簡単に出品や落札が可能なのが特徴です。まだ登録が済んでいない方は簡単に登録が可能です。バナーをクリックすると「」で検索した結果ページとトップを表示します。
「オークファン」はYahoo!Auctionなどの過去の落札実績を検索できる便利なサービスです。有料会員になると10年分の検索が可能になるなど、適正な中古品価格を確認するのに非常に便利です。
上記左側のバナーアイコンが表示されない場合は、アドブロッカー(広告ブロッカー)がOnになっていないかご確認ください。

関連Youtube動画

」で検索した結果を自動表示しています。あまり関係ない動画も含まれるかもしれません。

関連Youtube動画1 関連Youtube動画2
関連Youtube動画3 関連Youtube動画4
関連Youtube動画5 関連Youtube動画6

モノレビュー・モノサイトの総合メニュー

カメラの買い方カメラ
写真フォト・現像







Panasonic digaBlu-rayビデオデッキ


computerコンピューターと周辺機器









compoミニコンポ・セットコンポ






洗濯機・乾燥機洗濯機・乾燥機
 

洗濯機・乾燥機エアコン・クーラー・ヒーター


その他

コメント・フィードバック
©1998 monoReview. このページの全部あるいは一部を無断で利用(コピー)することを禁じます。
特定商取引法に基づく表記